がんの「語り」――語り手の養成から学校・医療・企業への派遣まで | 寿郎社のネットストア

1/1

がんの「語り」――語り手の養成から学校・医療・企業への派遣まで

¥2,420 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

マイナスに思えた体験がプラスに変わり、語り手と聞き手双方に「前に進む力」をもたらす〈がん体験の語り〉。その語り手の「語り」の作り方から学校・医療機関・企業での講演の仕方まで、NPO法人キャンサーサポート北海道が培ってきたノウハウを公開した、〈がん体験社〉〈がん教育・啓発活動に携わる方〉必読のテキスト

B5判/並製/92頁

[目次より]
第1章 語りの意味
  1-1 語りとは
  1-2 がん体験の語りが必要とされる背景
  1-3 私たちの「語り」の特徴
    事実と気持ち
    サポートスタッフとの共同作業
    「患者」ではなく「人」としての語り
第2章 語りを作る・語る
  2-1 原稿を書く
    まずは「年表」
    「カルテ」はいらない
    時の流れに身をまかせないで
    人間関係のもつれ
    同音異義語
    固有名詞は慎重に
    気持ちを引き出す
    みんなで作る
  2-2 語りを磨く
    スライドの作成
    発声練習
    動画やオンライン
第3章 語りを活かす
  3-1 学校教育に活かす
    わかりやすく、一文は短く
    語りを助けるスライド
    「怖がらせて終わり」はNG
    まず、先生にわかってもらおう
    事前打ち合わせにこそ時間をかけよう
    教訓はいらない
    質問や感想文は宝物
    乳がん体験者が語った例 小学5年生の道徳授業
    精巣がん体験者が語った例 中学1年生の道徳授業
    配慮が必要な子がいる場合
  3-2 医療に活かす
    治療やケアに役立つ「がんの語り」
    がんで変化した日常・医療者との関係を語ろう
     [診断前の生活を大切に]
     [診断・治療方針の決定 そのとき]
     [治療による心と身体の変化 医療用語はどんどん使おう]
     [医療者の言葉・態度に一喜一憂]
     [治療後の暮らし 私が病いを語る理由]
    医療者に語りを届けるまでの準備
    医療者の前で語る 緩和ケア研修会で語った例
     [アンケート結果に手ごたえ]
     [共感し、理解を深め学ぶ 自分の言動を振り返ることも]
  3-3 企業研修に活かす
    企業として体験者に聞きたいことは?
    両立の工夫を語ろう
    退職した理由を語ろう
    就労支援解説とセットでも
第4章 養成・派遣の窓口とお金の話
    多様な研修会で 全国で
    私たちの経験では
    報酬決定 こう考える
  [語ってみました……横田文恵/Y.M./前川純子/内藤郁子/山崎政彦/和賀豊/井上美智代]
  付録 年表/ストーリーボード/原稿用紙

[著者略歴]
大島寿美子(おおしま・すみこ)……NPO法人キャンサーサポート北海道理事長。北星学園大学文学部心理・応用コミュニケーション学科教授
米田純子(よねた・じゅんこ)……NPO法人キャンサーサポート北海道理事
宇佐美暢子(うさみ・のぶこ)……NPO法人キャンサーサポート北海道理事。札幌市がん教育実践研究会委員
木村恵美子(きむら・えみこ)……NPO法人キャンサーサポート北海道理事。緩和ケア認定看護師

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,420 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品